ビューティコラム

村松健太さん インタビュー

村松健太さん インタビュー
今回のコラムは、ラヴォア社の新ブランド「yayoi」のアンバサダーに就任したモデルでタレントの村松健太(むらまつけんた)さんへのインタビュー。 yayoi製品のモデルとして初めての撮影を終えた感想を聞きました。 

【美容ジャーナリスト 加藤智一さん】 ラグジュアリーホテルのアメニティ体験をご自宅で

【美容ジャーナリスト 加藤智一さん】 ラグジュアリーホテルのアメニティ体験をご自宅で

フランスの香りを取り入れた日本発のボディケア、マリ・テから発売されたボディローションも、そんな一品。400年もの歴史がある、日本を代表する老舗ホテル、「ホテルニューオータニ東京」で“和”を演出する特別室、「新江戸ルーム」のアメニティとした採用されたボディケアで、厳選された和素材と、フランス人調香師によるアロマを融合させていることが特長です。

【ビューティエディター 入江信子さん】 ほのかな香りを恋するシーンに添えて

【ビューティエディター 入江信子さん】 ほのかな香りを恋するシーンに添えて
恋の記憶と香りが結びついているという人は少なくないはずです。街で昔の恋人がつけていたフレグランスの香りを嗅いだときにその人を思い出す、というのがいい例。聞いたところによると、嗅覚で得る情報は、脳の「記憶と関係するパート」に素早く伝わるので、記憶とつながりやすいのだそうです。

【美容ジャーナリスト 永富千晴さん】 和の美しさを感じるギフトとの出会い

【美容ジャーナリスト 永富千晴さん】 和の美しさを感じるギフトとの出会い
最近では、健康志向やナチュラル志向の方も増え、美容系のギフト需要も高まっています。
そんな中でも「ボディケア」アイテムは、贈り物の中でも人気があるギフトの一つ。というのも、普段、ご自身にはそこまで上質なものを使っていない、という方が多い、ということも関係していると言われています。

【高原優一郎さんスペシャルインタビュー】 美は、日々の努力で手繰り寄せるもの

【高原優一郎さんスペシャルインタビュー】 美は、日々の努力で手繰り寄せるもの
yayoiは柚子とはちみつの優しい香りで大好きですが、マリ・テはグリンティーの香りメインで柚子が控えめに寄り添っている感じ。和の中にヨーロッパを感じさせる不思議な香りです。僕はマリ・テも大変気に入っていて、yayoiと同じように幸運を運んでくれるラッキーアイテムになっています。だから、実はMr.Mandarinの最終ステージ会場にはマリ・テも持っていきました。

【ビューティエディター 入江信子さん】 マッサージで、香りとともに自分を慈しむ

【ビューティエディター 入江信子さん】 マッサージで、香りとともに自分を慈しむ
自分を大事にしよう−−−−よく聞くフレーズですが、いざ実行しようとすると難しい。仕事や家事で忙しく、毎日があっという間に過ぎていく時期は、目の前のことをこなすので精一杯。また、新しい生活様式が叫ばれ、誰もが不安を抱えている今は、たとえ仕事がスローダウンしていたとしても、ことさら自分に手をかけようという気にはなれないもの。

【美容ジャーナリスト 加藤智一さん】 上質なボディケアを選べば、時短でも美しく!

【美容ジャーナリスト 加藤智一さん】 上質なボディケアを選べば、時短でも美しく!
yayoiシリーズの魅力は、一流ホテルのバスアメニティ品質を自宅でのバスルームで楽しめることにあります。なかでも、おすすめしたいアイテムがボディソープです。

【美容ライター 片岡えりさん】 髪を洗いながら、鎮静の香りでメディテーション。

【美容ライター 片岡えりさん】 髪を洗いながら、鎮静の香りでメディテーション。
私たちの生活を豊かにしてくれる、香り。フェミニニティを高める官能的なフレグランスに、すっきりリフレッシュする入浴剤、朝はコーヒーの香りで目覚め、外に出ればエスニックな香辛料やバターの香りに食欲をそそられ…。 でも本来、日本人の香りの愉しみかたは、もっと秘めやかだったのかもしれません。

【美容ジャーナリスト 永富千晴さん】 感情が昂りやすい時は、どこか懐かしさのある香りでケアを。

【美容ジャーナリスト 永富千晴さん】 感情が昂りやすい時は、どこか懐かしさのある香りでケアを。
私が本格的にボディオイルを使い始めたのは高校時代まで遡る。いま振り返るとひじょうにマセていたこともあり、当時流行っていた植物由来のボディオイルを使い、日々マッサージをしていた。ピチピチの時代でもある…

【ビューティエディター 入江信子さん】 新感覚の“和”を味わってみれば……

【ビューティエディター 入江信子さん】 新感覚の“和”を味わってみれば……
みなさんは、“和”というと、どんなものを思い浮かべるでしょうか。着物? 茶道? 歌舞伎? 伝統工芸? こうしてみると、いわゆる日本的なものは、“特別なもの”として、私たちにとって少々距離のある存在になっているような…